こめたつプロデュース・熊本の米「森のくまさん」はまずい?粘りは少ないけど美味しかった

0
199

今回は楽天市場の

こめたつ

さんより、熊本県のブランド米「森のくまさん」10kgのご提供をいただきました。

森のくまさんの由来

森のくまさんって変わったネーミングだなと思うかもしれませんが、どんな由来があるのかというと・・・

あの夏目漱石が熊本に住んでいた際に、緑豊かな熊本のことを「森の都熊本」と表現したそうです。

そのことから、「森」の都「熊」本で生「産」されたお米という意味で「森のくまさん」と名付けたとのこと。

森のくまさんの特徴

ブランドとしてどんな特徴があるのかというと・・・

硬さはやや硬め、味わいはややコクがあり、粘り気や粒の大きさは標準的なレベルといった感じのようです。

森のくまさん・実物

こちらが提供していただいたお米。5kgずつ2パックになっています。

精米日を示すシールが貼られて届く

発送日に合わせて精米してくれるようで、精米日は12月上旬とシールで表記されていました。

左・もりのくまさん
右・千葉県産こしひかり

これまで家で食べていたお米と比較。

こしひかりのほうが少し白っぽく、森のくまさんは少し黄色がかっているような気がします。粒の大きさは同じぐらいか森のくまさんが気持ち小さいかなといった具合。

こめたつさんでは栄養が取れるようにと少し胚芽を残して精米するようで、それが影響しているのかも?

ちなみに上白での精米も可能で注文時に「上白希望」と記載すればいいようです。

こめたつの森のくまさんってどんな味?

炊き上がった森のくまさん

見た目はともかく、肝心なのは味です。どんな味なのか早速炊いてみました!うちは硬めのご飯が好みなので炊飯器の設定を「かため」にして炊飯。

炊飯器の蓋を開けると粒の立ったご飯が登場!

見た目はとても美味しそうです。

食べてみると・・・噛むうちにしっかりとお米の甘みも感じるし、コクみたいなのもそれなりにあるような。硬さは硬めな感じで自分好みです。

でも粘り気はありません。

個人的には粘り気が無いのも悪くないと思いますが、粘り気のあるいかにも日本のお米って感じのご飯が好きな人には向かないと思います。

6~7時間保温したお米

試しに6~7時間炊飯器で保温した状態でも食べてみました。ほんの少しだけべちゃっとした感じにはなっているのですが、あくまでも少しだけでほとんど食味は落ちていないと思います。

保温してもなかなかのお味。

粘り気が少ないのでチャーハンにしてみた

粘り気が無いのでチャーハンに向いているのでは?と思い作ってみることにしました。

保温を切って冷えたご飯

炊き上がったご飯の保温を切って、冷たくなるまで放置。

熱したフライパンい油を敷いて卵を炒めて、ご飯を投入します!

森のくまさんで作ったチャーハン

予想はばっちり的中!

粘り気が少ないのでコシヒカリで作ったときよりもご飯がパラパラになるのが早い気がします!

そのまま食べるのもいいですが、炒め料理におすすめです!


てなわけで、食べる前のイメージとは違って粘り気の少ないお米でした。ネット上では粘り気があるという評価も見られるので、こめたつさんの森のくまさんが粘り気が少ないのかも?

googleで検索しようとすると、検索候補に「まずい」と出てきたりしますが、決してまずいという感じは無く、甘さやコクなども感じることのできるお米でした。

粘り気の少ないご飯を食べたいという人におすすめのお米です。


返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA