菊川市の森川養鶏場でうみたてたまごをゲット!

0
831

今回、たまごを買ったのは静岡県菊川市にある森川養鶏場です。

はじめからここで買おうと思っていたのではなく、たまたま通りがかってたまごの看板を見つけたので買ってみることにしました。

たまごの看板

対面販売じゃなくて自動販売機での販売みたいです。

駐車場に車を停めて販売所の入口へ・・・

こちらが入口。なかなか人気みたいで、先客が。

たまごのラインナップ

自販機で売られている銘柄たまごは烏骨鶏、名古屋コーチン、アロウカナの3種でしたが、すでに売り切れでした。

このへんはすぐに無くなってしまうみたいですね。

名古屋コーチンとアロウカナは浜松の青い鳥牧場で購入したことがあったので別にいいんですが烏骨鶏のたまごはちょっと食べてみたかったです。

ちなみに自販機がある部屋の奥ではたまごを詰めてる作業が行われているのですが、呼び鈴を押して養鶏場の人に在庫を聞いたり、両替をしてもらったりできます。

このほかのラインナップは赤玉の特級L玉7個入り200円。大玉、L、

M玉8個、さくらM玉、などなど。全部200円のようですがほとんど空になってました。

奉仕品のたまごは十数個入って300円とうみたてたまごにしてはお買い得です。

一番奥はLまたは2Lの赤玉とさくらが入って20個600円とこちらもなかなかお得そうでした。

けっこう人気らしい

たまごを買いにいったのは平日の13時前ぐらいなのですが、烏骨鶏、名古屋コーチン、アローカナは無いし、買おうと思っていた特級7個入りも後から段ボールを持ってやってきたご夫婦が4、5セットまとめ買いして行かれました。

「特級のやつ狙ってたのに1つも買えないとはーっ!!」と思って一応奥にいる人に聞いてみたら烏骨鶏は無かった(夜になるって言われた)けど特級のやつはネットに詰めて売ってくれました。自販機と同じで7個200円也。

たまごを実食

こちらが特級のたまご。大きさはだいたい6.5㎝ぐらいです。

パカっと割ってみたらオレンジ色の黄身が飛び出してきました。こんもり盛り上がって鮮度が感じられます。黄身の色は多少個体差があります。

黄身をつまむことができます。これまで食べてきたたまごとくらべても黄身の膜がとっても丈夫に感じられました。しばらくこの状態で持っていましたが割れる様子がありません。とっても新鮮です。

食べ方はというとやっぱりたまごかけご飯。

これまでいろんなうみたてたまごを食べてきたせいで舌が多少肥えたのか、突出してうまいという感想は持たなかったのですが、濃厚さやコクもなかなかで美味しいたまごかけご飯がいただけます。

お近くの人はどうぞ。

森川養鶏場

住所:静岡県菊川市沢水加1670−24

営業時間:不明

TEL:0548-27-2173

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA