ラ・ベットラ・ダ・オチアイ監修のハンバーグギフトを食べてみた

0
846

今回、楽天さんからいただいたのはラ・ベットラ・ダ・オチアイという有名店の落合務シェフが監修したと言う牛肉100%のハンバーグ。

冷凍ハンバーグ150gに、黒トリュフソースが付属しとっても高級そうな装いでギフトにぴったりの逸品です。


ハンバーグが到着

到着したときの箱も赤字に銀色のラインが入っていて見た目からして高級そうです。

箱をぱかっと開けると冷凍のハンバーグが6個、そして黒トリュフソースの瓶がお目見え。

冷凍なので調理するには冷蔵庫で5時間ほど解凍してくださいとのこと。

食べる前日に冷蔵庫に移しておきました

いざ調理

解凍されたハンバーグ

こちらが解凍されたハンバーグ。汁がちょっと出てますね。牛肉の他に玉ねぎも見えます。

袋の裏面で原材料名をチェック。牛肉はオーストラリア産と国産が混ざっているようです。肉以外は玉ねぎ、全卵、パン粉、牛乳、しょうゆ、食塩、コショウ。一般的なハンバーグの材料に加えてしょうゆが入ってるんですな。

熱量は1個あたり387kcalです。

こちらが袋から取り出したハンバーグのタネ。焼いたときの事を考えて真ん中をちょっとへこませてくれてます。

別角度から。あーうまそうですね・・・よだれが出てくる。

というわけで熱したフライパン焼いていきます。焦げ付かないように念のため油を薄く敷いて焼きました。焼き始めると周囲に肉の食欲をそそる良い香りが広がります。

強火で1分ほど焼いたところで裏返し。

美味しそうな焦げ目

うひょー!!いい感じに焦げ目が付いてます!!

あとは弱火で蓋をして10分焼きます。

そして10分後はというと・・・

脂が大量に出てる!!ハンバーグの真ん中から少し肉汁も出ていて美味そう!!

ソースを作ってみる

ハンバーグを取り出したフライパンですが、ハンバーグ用のソースを作れないかと、お好みソースとケチャップを入れて弱火にかけてみました。

脂が多すぎてソースと分離してしまいましたが、脂を取り除いてハンバーグに掛けます。

うーん見た目からして美味そう。

割ってみたらこんな感じ。肉汁も少し出てきました。

味はとっても肉肉しくて美味です。オーストラリア牛と国産牛が入っているわけですが、そんなの全然気になりません。玉ねぎやつなぎのパン粉が入っているわけですがたっぷり肉の味を楽しめます。

妻はこの間食べた今半のハンバーグよりも美味しいとの評価。さすが有名店のシェフ監修のハンバーグです。

黒トリュフソースを試してみる

うっかり黒トリュフソースをつかいわすれていたので後日ソースを解凍して使ってみました。

ソースの原材料名など

ソースはみりんベースに玉ねぎ、ワイン、しょうゆなどで味付けしているようです。トリュフの配合割合は1.4%とのこと。

よく振ってお皿に出してみました。かすかにトリュフみたいなのがありますが、まあよくわかりません。

レンジで温めてハンバーグにかけてみました。

味はなんだか和風な感じで美味しいです。劇的に美味しくなるかっていうと、ソースでそんなに変わることはないのですが・・・

専用のソースが付いているのはなんだか高級感があって良いです。こういうところもギフト向きな気がします。

ちなみに妻はというと、ハンバーグを焼いたときの脂で焼いた目玉焼きを上にのっけて食べてました。

半熟の黄身を崩しながらいただくのも美味しいです。

肉系のギフトを検討中の方は是非ご覧くださいませ。


返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA