真鶴おすすめの干物屋・髙橋水産!しっとりとした身でクオリティがぱねえ!

0
213

今日はお買い物スポットのご紹介。

先日、真鶴へ行く際にお土産を買って帰るのに良いお店は無いかなーとチェックしていたところ、たまたま見つけたお店があります。

それがこちら!!真鶴港すぐ近くにある干物のお店「髙橋水産」さんです。

こちらのお店ではご主人が日々こだわりの干物を製造、販売されており、googleの口コミを見る限り、その質はかなり高く評価されているようでした。

↑髙橋水産さんのTwitter。

というわけでどんな干物が買えるのか期待しながら入店しました。

入り口の看板

お店に入るとまず目に飛び込んでくるのがこの看板。

我 干物の悟りを切り開く者なり

干物に対して飽くなき追及を続けているという自負が見て取れます。

そしてもう少し奥へ進んでいくとメニューが貼られていました。こちらが今日購入できる干物のようです。

また試食も用意されており、店内で焼いて食べることができます。試食をしてどれを買うのか決めることもできます。

訪問時の販売メニュー

エボダイ、アジ、塩ウズワ、サバみりん、サンマ、サワラ、イカ、いかのくち、えいひれ、いか塩辛となっていました。ただしイカの塩辛だけ自家製ではないようです。

たぶん季節によってラインナップが変わってくるんでしょうね。

また、盛り合わせメニューもあって、こちらを買うとちょっぴりお得みたいです。

現在販売されていない干物

ネット上の情報でウツボの干物が売られているという情報があったのですが、今は無い干物一覧に入っていました。ウツボの干物って珍しいので買えたらいいなと思っていたのですが、いまのところ製造する予定は無いようです。

とまあこんな感じでいろいろランナップがあるのでどれを買おうか迷うところですが・・・

  • 中エボダイ
  • 小アジ6枚
  • 大するめいか
  • トロサバみりん
  • いかのくち

を買ってみました。合計で3000円。

買ってきた干物

こちらが買ってきた干物を広げたところ。右上から右下に向けて順に、トロサバみりん、エボダイ、小アジ6枚、いかのくち。中央がスルメイカ。

写真左側にあるのは髙橋水産さんのパンフレットです。このパンフレットの長さが約21cm。

スルメイカは広げてみると60cmぐらいありました。焼くと縮むでしょうが、こいつはでかい!

早速焼いていただいてみます!

グリルで焼きましたが、はじめにグリルを温めておいてから皮を下にして干物を入れ、弱火でじっくり焼くのが良いみたいです。焼けてきたら裏返してちょっとだけ皮目も焼く感じです。

焼いていると魚の匂いがふわーっと広がってきてご飯が欲しくなります。

さあ焼き上がった干物ですが・・・

するめいか

やっぱりでかい!!

焼いたので縮んでますがそれでもでかい!!このお皿の直径は約20.5cmなのですが軽くオーバーしてます。

食べてみると柔らかくて簡単に噛み切れるのはもちろんのこと、適度な水分もある気がします。

どの干物にも共通して言えるんですが、パサついた感じが無いんですよね。

トロサバみりん(半分に割ったところ)

イチオシはトロサバみりん。サバ自体に脂がのっていて美味しいんですが、しっとりと仕上がった身にとみりんの味付けもめっちゃ良くてご飯が進みます。これでお茶碗一杯はイケる!

これはまた買いたくなりました。500円するだけのことはあるといった感じ。

エボダイ・・・だったと思う
小アジ

とにかくどれも身のパサつきが無くて、そのへんで買う干物とクオリティが違うんですよね。

個人的にイチオシはトロサバみりんだけど他のも何種類か買って食べ比べてみてほしいです。

いかのくちは酒の肴にということで日本酒と一緒にいただいてみました。

くちばしの部分が固いのがちょっと気になりますが、弾力のある食感はお酒のつまみにぴったりです。

ということで評判どおりのお店でした!うちの奥様曰く、いままで食べた干物の中でいちばん美味いとのこと。近くへ行ったらまた買って食べたいです。

三代目ひもの仙人 真鶴 髙橋水産

〒259-0201 神奈川県足柄下郡真鶴町真鶴1947−13

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA